なぜ三振してしまうの?

野球で三振してしまうのは、どうしてなのでしょうか?
試合で毎打席三振だと、バッターボックスに立つのも憂鬱になってしまうかもしれません。
三振してしまう理由として、一番に考えられるのは、基礎がまだきちんと身についていないということです。
バッティングフォームやスイングなどをもう一度見直してみましょう。
自分でチェックするだけでなく、誰かに客観的にみてもらうのもいいですね。
それに、バッティング練習も大切です。
飛んでくるボールをバットに当てるだけでも大変なのに、それを前方に飛ばさなくてはいけないのですから、振り遅れるわけにはいきません。
タイミングをつかめるようになるまで、何度も繰り返し、練習する必要があるでしょう。
バッティングセンターなどに行くのも、有効な方法の一つです。
もし、練習では打てるのに、試合になると三振してしまうという場合には、メンタル面が弱いのかもしれません。
緊張のあまり、いつものように体が動かなかったり、本来の力を出せなかったりするわけです。
この場合は、バッティング技術を磨くのと同時に、メンタル面も強化する必要があるでしょう。
ただ、試合になると練習よりも打てなくなるのは、ごく普通のことです。
バッティング練習の際には、比較的、打ちやすい球を投げてもらえることが多いものですよね。
試合形式の練習を行っても、チームメイトですからピッチャーの投げる球に慣れてしまっています。
でも、試合ではほとんどの場合は初めてみる球ですし、相手のチームのバッテリーとの駆け引きもあります。

選球眼や配球を予測することなども、必要になるのです。